作業員

水に強いとされる土嚢袋が被害を押さえてくれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告効果を期待

土嚢

保管に適した吸水タイプ

土嚢袋というと、水害の際に利用するものという白い袋というイメージが強いでしょう。以前は空の袋に土砂を詰め込んで使用するものがほとんどで、一番の難点は重さでした。土砂の重量はかなりあり、非常時にすぐに使用できるよう作って保管しておく際の置き場所にも困るほどです。しかし最近では吸水土嚢袋が広まっており、平らで薄い吸水土嚢袋は使用前の乾燥した状態であれば、重ねて積み上げておくことが可能で、場所も取らず大量に保管しておくことが出来ます。近年のゲリラ豪雨のように、都会でも急激に道路が浸水することも珍しくありません。社内や工事現場で常備しておくことは、必要不可欠なものともいえるのです。また、土嚢袋は災害時に使用するだけが目的ではありません。丈夫な素材とその大きさから、工事現場ではガラと呼ばれる廃材などを入れる袋としても利用できます。

自社をアピール

企業が土嚢袋を使用することで、利益をもたらすことも可能になります。工事現場で使用する土嚢袋は、廃材入れだけでなく大量の水を現場で使用する際の水路づくりにも使われます。その際に、無地の土嚢袋を使用するのではなく、自社の社名などを入れたものを使うことで、通行人などに社名をアピールする効果があります。また、災害時などに自社の土嚢袋を使用したり、保管してあるものを寄付することで、地域の人に企業を印象付けることも可能です。TVやラジオ、インターネットといった広告は、視聴者の方からアプローチしてくれなければ効果は期待できません。一方で、土嚢袋による広告効果は、使用している地域の人に特にアピールすることが可能で、年齢性別を問わず広告効果が見込まれるのです。

建設

様々な現場で使える

養生シートは、剥離現場や溶接現場で用いられます。作業をする場合、床面を汚さないようにシートを幾重にも重ねる必要があります。ホームセンターや園芸店で気軽に買うことができ、価格も安いです。現場の広さに関わらず使用することができ、非常に便利です。

土のう袋

水から店舗事業所を守る

吸水土のうは従来の土のうに比べて、中に土を詰める必要がない分、迅速に運用することが可能です。使用前はコンパクトですから省スペースで保管でき、利用後の廃棄も簡単な場合が多いので気軽に活用できます。その特徴やメリットについては、知っておいて損はないでしょう。

土嚢

土を使わない土嚢

土嚢は土や砂を袋にいれ、大量に重ねて川氾濫や浸水被害から人々を守ってきました。しかし普段から持ち運びには力が必要で、大量に設置する必要があり、効率的ではありませんでした。吸水土嚢は既存の土嚢の弱点をカバーした、新しい土嚢です。