作業者

水に強いとされる土嚢袋が被害を押さえてくれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な現場で使える

建設

隙間を作らない工夫

養生シートは、大規模な剥離業務や溶接業務の際に用いられます。気を付けることは、養生シートを張り付ける際床面から剥がれないように、しっかりと押さえつけることです。また、わずかな隙間も発生しないように何重にもシートを張り付けることが求められます。養生シートは、ナイロン製やポリエチレン製であることが多いです。そのため空調や風が当たらないように、気を付ける必要があります。養生シートは、廊下やエレベーターの出入り口付近で使用されることが多く、通行人の往来がある場所で使用されます。そのため、使用する場合はコーンや見張りのスタッフを配置する必要があります。業務が終わると、養生シート周辺をよく確認し、汚れやが残っていないか気を付ける必要があります。

気軽に購入できる

養生シートの最大の特徴は、その手軽さにあります。販売されている場所は、ホームセンターや園芸店などで誰でも気軽に購入することができます。価格は比較的安価で、いつでも販売されています。養生シートは後片付けに手間がかからないという点でも注目を集めています。材質が軽量でかさばらないため、高い人気があります。性能も高く、業務の質や効率アップにも非常に役立ちます。剥離液が浸透しにくく、床面を汚さないというメリットがあり、手間取ることがありません。他の防水マットや防水シートを購入する必要がなく、非常にリーズナブルなのです。養生シートはロール状に巻かれており、必要な分だけ切り取って使うことができます。小規模から大規模の現場で使うことができ、使用用途が多彩であることも支持される要因です。